学生主体の活動について

クラブ活動

CUHK MBAでは学生主体による活動も盛んで、多くの学生クラブやグループが存在します。Intake2017では、11の学生クラブに加え、例年行われているCSR Conferenceの開催を目的としたCSR Commiteeや、Singaporeでの就業機会獲得を目指すSingapore Career Trek、学生生活全般の管理を行うStudent Associationなどのグループが存在します。これらのクラブやグループはいずれも、MBAオフィスから公認を受けており、活動資金についてもMBAオフィスからサポートを受けることができます。このページでは、主に学生クラブの活動について紹介したいと思います。以下に、Intake2017のクラブを上げています。

  • Consulting Club
  • CSR committee
  • Finance Club
  • Healthcare Club
  • Japan Club
  • Luxury Club
  • Marketing Club
  • Private Equity and Venture Capital Club
  • Rowing Club
  • Singapore Career Trek
  • Social Entrepreneurship Club
  • Sports Club
  • Student Association
  • Technology Club

それでは、上記クラブの中からいくつかのクラブについて、実際の活動をご紹介いたします。

Japan Club

2014年に日本人生徒により立ち上げられたクラブです。主な活動としては、日本文化の海外生徒への紹介や日系企業の訪問などを行なっています。毎年、MBAオフィス主導でJapan Tripを行なっていますが、その際にはJapan Clubのメンバーが企画運営に携わっています。以下の写真はクラブメンバーにより、生け花ワークショップを開催した際の写真です。

Technology Club

MBAプログラム開始時に、各クラブの代表者がクラブ設立のプレゼンテーションを行い資金獲得のための人気投票を行うのですが、本クラブはその中でも最も人気の高かったクラブです。クラブ設立の目的として、香港におけるフィンテック産業の研究、また、クラウド、AI、VRなどの最新テクノロジーに関しての知見の獲得、テクノロジー業界におけるキャリア機会の創出等を掲げています。以下の写真は、Hong Kong Fintech Weekの一環として企画された”CUHK Fintech Day”の様子です。

Healthcare Club

2017年に新しく創設されたクラブで、香港・中国市場におけるヘルスケア産業の理解促進とネットワーク構築を目的としています。主な活動としては、メガファーマと呼ばれる欧米系製薬企業とのワークショップの企画運営や、ヘルスケアスタートアップに関連する国際カンファランスへの参加などを行なっています。以下のムービーは、欧州系製薬会社の香港オフィスと合同で行った”Marketing Excellence Workshop”の様子です。